世界のトップリーグの下部組織所属選手が生まれそうです!

エシタードサッカースクール卒業生であり、
ジュニアユースメンバーでもある石原 怜樹君(13歳)
エシタードSC入団後にお父様の仕事の都合で彼の一家は7月末にブラジルに渡りました。
彼らは2019年7月までの数年間を日本に滞在する前はやはり一家で別の国で暮らしていました。
そちらでは強豪チームに在籍し、国際大会にも出場するほどだったそうです。
ところが、日本でのサッカー生活は彼ら(3兄弟)にとって辛い環境だったようです。(以下当HPスクール生の声参照)

カンコーチとの出逢いは、知人からの紹介でした。
子供たちは、海外で強豪クラブに在籍し、国際大会にも参加し、上位の成績を納めておりました、がしかしながら、日本に帰国して1年、身体は大きく、強くなっているものの、プレーの方は全く上達していると思えず、叱られてばかり。
本人も徐々に自信を無くし、ついにはあんなに大好きなサッカーを「サッカーもう辞めたい、、」とまで口にしました。
正直、藁にもすがる思いで、カンコーチの門を叩きました。
通い出してから、みるみると大好きなサッカーをしている!という、自信に満ちた顔に変わり、その意識がプレーにつながり所属チームの公式戦でも安定して活躍できるようになりました。
カンコーチには、会った瞬間に子供の問題点を見抜かれ、そこを改善するためにどうすればいいのか?、何が必要なのか、子供が納得するまで、熱心に、熱くご指導下さいます。
時には厳しく、時には優しく楽しく、アメとムチを織り混ぜながら、ハードな練習をこなし本人の限界以上を引き出してくれる様に思います。
練習後の汗の質が違いました。夏の合宿にも参加しましたが、ハードな練習だったみたいで、その合宿を乗り越えたことで、技術面、体力面はもちろんのこと、自信とともに、メンタル面を強化頂いたと感じています。
色々な面で大事な子供達の時期に、カンコーチにご指導頂いている事は、本当に感謝、の言葉しかありません。
これからも、熱いご指導をよろしくお願いします。

カンの指導を通してサッカーへの熱い気持ち、楽しさ、そして何より自信を取り戻した彼はブラジルに渡ってある大きな挑戦をしました。
それがCRフラメンゴのジュニアユースチームのセレクションへの挑戦でした。
CRフラメンゴはブラジルの超名門チームです。
あのジーコがが在籍していたチーム。
2019年10月現在ブラジルリーグで首位を走っています。
(以下当HP卒業生の声)より)


エシタードでカンコーチに出会った当時は長男は6年生でした。辞めたいと言っていた息子に全力でサッカーの楽しさ、全てにおいて前に進む姿勢を教えて頂き、スクール生の声でも書かせて頂きました。
その後、カンコーチの元で中学でもサッカーを続けたい!と、エシタードジュニアユースに入会させて頂きました。正直親としては、名が通るクラブに入った方が、、と思った事は否めません。でも、息子はとにかくカンコーチを信じて、エシタードで頑張る!という気持ちを固めていました。
短期間ではありましたが、エシタードジュニアユースで数多くのことを学ばせて頂きました。ゴールを目指して前に前に進む意識、勝利のために決して諦めない強い心、視野の広さ、ボールコントロール、ボールを持たない時の動き、などなど。でも、最も彼を変えたのは、心の底からサッカーが楽しいと思えるようになったことでしょうか。今、それが少し形として現れ始めています。実はエシタード入会後半年でブラジルへ渡る事になり、息子は現地で今大きなチャレンジをしています。ブラジルに来てまだ一ヶ月半で、ポルトガル語も全く分からない状態で、よりレベルの高い環境で自分を磨きたいという気持ちだけで、ブラジル全土から集まってくるフラメンゴ(ブラジルリーグ1位)のジュニアユースの一週間に亘る入団試験を受け、見事1次試験に合格致しました(60人中、フィールドプレイヤーは一人だけ)。発表後、ブラジル人コーチは息子が合格した理由を参加者全員に説明しました。
理由は、確実にエシタードでカンコーチが声をからしながら、選手に訴えているものでした。
もちろんこれで終わった訳でなく、更に一週間の最終試験があります。
6年生でのカンコーチの出会い、その後中学でエシタード入団、息子の今はこのエシタードでの経験無しではありえない、と私達親はもちろん、息子が1番感じています。
カンコーチへの恩返しは、日本人初のフラメンゴ入団だと、自信満々に語っています。
一次セレクション

最終セレクションに参加したのは僅かに4人。
最終セレクションに残ったのはアジア人初だったそうです。


4人とも惜しくも今回入団には至りませんでしたが、怜樹君はフィジカルを鍛えて再度挑戦するようにと言われたそうです。
再挑戦を促されることは実力にシビアな向こうでは恐らく貴重なことであろうと思います。

今回のチャレンジによって本人は更に自信と頑張る力がみなぎったそうです。

半年後、エシタードサッカースクール・エシタードサッカークラブの卒業生から
FIFAがカテゴリ1と定めるチームへの入団者が出ることでしょう!
(ちなみにアジアのチームにカテゴリ1のチームは無く、J1がカテゴリ2です。)

ブラジルに渡った石原3兄弟を応援していきましょう!

関連記事

  1. 2018/9/30(日) ジュニアユース・小金高校

  2. 2018/9/16(日)ジュニアユース・小金高校

  3. 11月10日(日) U-13選手権 VSクラッキス松戸

  4. 11月3日 U-13リーグ VS習志野第二中

  5. 2018/10/6(土) ジュニアユース・小金高校

  6. 2018/10/8(日・祝)ジュニアユース・小金高校

  7. 2018/10/13(土) ジュニアユース・小金高校

  8. ジュニアユースチーム名変更のお知らせ