2020年2月15日 U-8 トレーニングマッチ

テーマ
ボールを持った時の相手との距離・間合い

ドリブル時に相手に囲まれたり、気づいたら相手が近くにいた、という事があるのではないでしょうか。

「ドリブルをしながら顔をあげよう!」

と言われることはあるけど、理由がわからない。何のために顔をあげるのかを選手たちは考えなければなりません。

顔をあげれば「敵、味方、場の状況」が分かります。それらを見ながらパス、ドリブルなどの選択をする必要があります。
 
今回はドリブルに焦点を当てながら相手との距離がどのくらいになったらとられずに抜けるのか、というのをテーマに掲げTMを行いました。

相手を見ることを意識させることにより、無理なドリブルをせずパスを選択する、ボールを取られることが減る。シュートで終わることも増えて試合を通して勝つこともできました。

ですので試合をするためだけになんとなく試合をするのではなく、

“今日はOOを頑張る!できるようにする!”

という目標をもちながら、それを忘れないことが成長するという点に関して大事なことだと思います。

コーチがテーマを決めてそれについて頑張るというのも大事なのですが、個人個人で力量が違う中で、それぞれの課題というのにも目を向けながらこれからもトレーニングマッチを開催していきます!

来ていただいた選手、保護者の皆様の協力があって今回も実現できました。本当にありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

関連記事

  1. 1人の少年に教えられたこと

  2. 2018/9/13(木) U-8・U-10・U-12エシタードサッカー…

  3. はじめの一歩

  4. 送迎について

  5. 2018/9/21(金) U-6・少人数・S1チャレンジ エシタードサ…

  6. 7月 🥅毎週 金曜日 少人数TR & 1…

  7. 7月〝金曜日 1dayTR〟1年〜6年

  8. 2018/9/25(火)U-8・U-10・U-12 エシタードサッカー…